どこまで続く私の不幸

10月31日の朝   次女が主人を駅まで送ってくれたので お風呂を洗っていたら。。。

右目の斜め上の方に真っ黒な髪の毛が斜め左に向かって流れていく
ホラー映画のようで 一瞬凍りつきました

f0201084_20341462.jpg


そのうち砂をまいたようになって 霧がかかり 全く見えなくなってしまいました
このまま失明? 左目が幸いにも見えるのに このままではどうなっちゃうの?

この日は仏壇が届く日

総合病院に電話したら 早くて11月7日。。。

仏壇が来てから 午後の診察で駅前の個人の病院に娘に連れて行ってもらったら。。。

眼底出血だそうです

水晶体に血液が流れ出て それが黒い髪の毛のように見えるのだと
砂は赤血球だそうです

とりあえず出血箇所が見えないので安静にするようにと

先生に説明したのですが・・・



私「先生 ソフトフォーカスフィルターの上に サンドフィルター3枚くらいを重ねたような そんな状態です   リングの貞子のような 黒い髪の毛がはっきり見えます」

先生「 ん??  マニアックすぎて僕には良く解らないのですが   要するに霧がかかっているようなもの?髪の毛って  墨を流したような感じ??」

私「そうです!!」

看護士さん 笑っていました


一生分の不幸が月が替わっても私に押し寄せてきます

なんだか これから何があっても動揺しないみたい

ただ片目なので  それも効き目じゃないので写真を撮るのが凄い辛かったです

指もいつの間にか包丁で数か所切っていたし  遠近感がないので歩くのも怖い

とりあえず網膜ではなく  視神経の傍から出血している可能性が高いとのこと
失明はしないようなので  ほっとしています


片目で撮ったブルーインパルスです~~
[PR]
by seaviewhouse2252 | 2013-11-03 19:47 | 狭山 入間関連
<< 49日法要 残念でした >>