ツツドリ?カッコウ?

ツツドリとカッコウ。。。似すぎている
久し振りにカワセミフィールドに行ってみたら おじ様が手招きしている

何と。。。仮親が給仕しているところだと

カワセミの止まり木に止まっているのは。。。ツツドリ? カッコウ?

f0201084_20351831.jpg


どちらだか解りますか?

f0201084_20354523.jpg



仮親が飛んできた

いい加減なアピールの若
この子 鳴かないのよね~~

f0201084_20375177.jpg







托卵とは・・・卵の世話を他の個体に托する動物の習性のことである。 代わりの親は仮親と呼ばれる種間托卵でよく知られているのは、カッコウなどカッコウ科の鳥類が、オオヨシキリ、ホオジロ、モズ等の巣に托卵する例である。

カッコウの雛は比較的短期間(10-12日程度)で孵化し、巣の持ち主の雛より早く生まれることが多い。孵化したカッコウの雛は巣の持ち主の卵や雛を巣の外に押し出してしまう。その時点でカッコウの雛は仮親の唯一の雛となり、仮親の育雛本能に依存して餌をもらい、成長して巣立っていく。托卵を見破られないようにするため、カッコウは卵の色や斑紋などを仮親の卵に似せている(仮親の卵に似た卵を生む性質が代を経て選抜された)。また、托卵する際に仮親の卵を巣から出して数合わせを行う場合もある。


体を小刻みに震わせてアピールしだしました

f0201084_20415619.jpg



f0201084_20422044.jpg



飛んできた仮親は。。。何とオナガでした


f0201084_20442298.jpg



このあと給仕したのですが。。。何とその場面だけ全部ボケ
泣くに泣けません

しかし・・オナガは頭がいいと思ったのに 自分より大きな体の子供を育てるなんて。。。

囀るとバレルから あまり鳴かなかったのかしら??
もし 「カッコウ」なんて鳴いたら 仮親のオナガサン  腰抜かしたかも。。。


おじさまと 「それにしても オナガの母性愛は凄いけれど 他人に子育てさせるなんて 親子愛の薄い鳥だねぇ」と

他のおじ様は「オナガは 狭山市の鳥なのに 案外抜けているのかなぁ」と

育てていくうちに気が付いていたのかしら??

この後若が飛んだら オナガが二羽 後を追いかけていました
心配で近くて見張っていたのでしょうね


                 続く
[PR]
by seaviewhouse2252 | 2013-08-28 20:52 | カッコウ
<< いつ気が付くのかしら? 沼の鳥 >>