やっと帰宅

東京ディズニーランドに大学の友人といっていた次女
帰宅難民となり やっと今我家に戻ってきました

心配したのですが携帯電話は繋がらない  仕方なくPCからメールを送ったら2時間後に返事が来ました
TDLの駐車場の車が冠水していて  帰宅したくても電車が動いていない

レストランなどで夜を過ごせるような配慮をしてくださったそうです
年配の女性の方が御自分が購入したお土産のクッキーを開けてくれて皆さんに配ってくださったとか

お店のスタッフの方も売り物のお菓子を提供してくれた

ただし建物の中は危険かもしれないので 明るいうちは外に出ていた
普段の混み具合から見ると 嘘のようなゴーストタウンのようなTDLです

f0201084_16292285.jpg



皆さん余震が怖いので 座っていたのだと
最初の長い揺れのときは立っていられず皆さん座り込んでも体が左右に揺れて怖かった
次女いわく 下からドーンと突き上げるような衝撃があったので震源地は千葉県だと思ったらしいです

f0201084_16315445.jpg





TDLからは飲み物と食べ物の提供があって 夜は寒くなったので防寒ポンチョを配っていただき 又雨が降ってきたので市販のレインコートまで戴いたと


f0201084_16351830.jpg


スタッフの方たちも休むことなくサービスを提供してくれて 疲れていなかったら自分も手伝えたのにと悔しがっていました

液状化現象

f0201084_16343624.jpg



舞浜から新木場までの電車が不通となっているので バスを待つものの待つだけで2時間半  新木場まで2時間かかると聞いて 歩いて浦安まで行って やっと帰宅できたとのことです

浦安の道路・・・・一般道もひび割れが

f0201084_16381872.jpg



f0201084_16385175.jpg



いざ災害に襲われると携帯電話は繋がらないし 携帯のニュースで情報を得るものの電源が早くなくなるので
こちらには数通しかメールが届きませんでした

あらかじめ避難場所を家族で決めておくことも大事ですね
阪神大震災を経験した方が 靴下が一番欲しかったと・・・足が冷えると体が温まりにくいし怪我のこともあるので防災リュックには必需品ですって


一緒に夜を越した後ろのテーブルの女の子は仙台の子で東京のお友達に会いに来て TDLに
ただ いくら試しても家族とは繋がらなくて不安な夜を過ごしていたと
戻ってTVを見て余りの悲惨さに驚いていました

災害地の方達への支援が一刻も早く行き渡る様に願います
だんだん増えていく死者の数がやるせないです
[PR]
by seaviewhouse2252 | 2011-03-12 16:48 | 日記
<< さっきまであったのに 白いマヒワ? >>